水が砂にしみこむように
どんどんまわりの環境を吸収して育つ乳幼児期。
「三つ児の魂百まで」のことわざどおり、 人間性の基礎基本をつくるだいじな第一歩。

将来の人間形成の土台もこの頃築かれます。 根がしっかりしていれば、 雨風にも負けないたくましい木が育ちます。
人間も同じです。わたしたちの目指す教育は、 この根をりっぱに培うことなのです。


乳幼児は誰もが生まれながら天才です。
いつもたくましい好奇心と運動意欲にあふれています。
このすばらしい成長期、ゆたかな環境と のぞましい経験を与えることが、 その子の一生を左右するのです。
たいせつなのは、あたまとからだを100%使うこと。
すなおな人間らしい感動のこころを育むこと。
幼児たちの欲求を満たしながら、 その育成に最適のプログラムを用意することが、 私たちの教育実践なのです。


光る個性も創造性も
ほうっておいて育つものではありません。
知・情・体の三位一体の総合的な経験を、 くりかえし、段階を踏みながら、毎日与えればこそ、 本来の子どもらしさが育ちます。
豊かな感性や情操が芽生えます。 人間の根っこを育てる総合幼児教育。
子どもも、教師も、そしてお母さんも、 誰もがいきいき熱中する、 私たちの総幼研教育をどうかよろしく